FC2ブログ
引き寄せの法則について考える

韓国出張

韓国



 先日久しぶりに韓国に出張に行きました。

 ちょうど台風で関空が閉鎖された時期で、行きは中部国際空港から出発しました。痩せた若い男性が4人くらいみんな黒い服と黒いマスクをして、チェックインカウンターに並んでいました。誰なのかわからないのですが、列の外から大きな一眼レフのカメラを持った若い女子がぱしゃぱしゃ写真を撮っていました。

 静かに遠くから写真を撮っている光景は結構異様な感じがしました。ひょっとしてあれはK-POPSかなにかのグループなのかなあと思います。エコノミーだったので、これから売り出していくメンバーということなんでしょうね。

 コンビニとかバスとかそれなりに街を歩くことはできるようになったんですけど、やっぱり一人でレストランに入れないです。なんなんでしょうね。

 結構何度も海外に行ったと思うんですけど、いまだに英語もしゃべれないし、一番スキルが上がるのはやっぱり一人で生活するときなんでしょうね。日本語のできる現地スタッフと一緒ではいつまでたっても観光客よりスキルを上げることはできないです。

 結構辛いものばっかりでそれもまた楽しみだったんですけど、一緒に行った現地スタッフが変な気を使って、辛くないものばかり選んでくれたので、なんというか、韓国らしくない出張のような気がしました。

 イーチョン空港もずいぶん大きくなってました。やっぱりたまには海外に行ったほうが楽しいですね。
スポンサーサイト



[ 2018/10/10 23:25 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

フェンス

taihu.png


 大きい台風がやってきて、会社が休みになりました。

 それはよかったのですが、家の庭のフェンスが壊れてしまいました。短めのフェンスにラティスを括り付けて背の高い簡易フェンスを作っていたのですが、先日の台風に耐え切れず、壊れてしまいました。もともとついていた短いフェンスが根元から折れてしまいました。金属の支柱がぽっきり折れました。

 火災保険が使えることもあるということでこれも調べたんですけど、風災の特約がないので今回は保険適用外ということになりました。代わりに地震特約があったので、ちょっと驚きました。

 関空はあんなことになったので、会社の同僚も羽田とか成田から出発する人が多いです。一番多いのは名古屋のセントレアです。以前私も利用したことがありますが、新幹線を使うとそんなに京都からでも不便ではありません。

 外国人のお客さんが減ったのかなあ。そんな感じもあんまりしないんですけどね。関空早く復旧してほしいですけど、セントレアでもまあいいかと思ったりします。出張のたびに名古屋に寄ることができますもんね。

 関西の風害で大騒ぎしていたら北海道の地震があって、台風もなんだかトーンダウンしてしまいました。

 今度はしっかりしたフェンスを作ろうと思います。なかなかうちに順番が回ってきませんけどね。
[ 2018/09/10 22:42 ] 生活 | TB(0) | CM(0)

バグ

bag.jpg


 気が付けば9月になってしまいました。

 今年はサーカスを見に行こうと3月ごろに9月の予約をしたのですが、もう9月になってしまって、早いなあという感じ。

 私はといえば先日久しぶりに大分のほうに出張に行っていました。
 なんというか、客を怒らせた後の出張だったので、終わって帰らないといけない、という状況でしっかり仕事して帰ってきました。さすがだなあと自分で思うのですが、プログラムはいつまでたってもバグがあって、いやになっちゃいますよね。

 でも考えてみれば発展するものはバグを含む運命かもしれません。生命体しかり。プログラムは可能性を秘めているがゆえにバグを排除できないのかもしれません。

 バグは見方によっては新しい可能性だったり。そうはいっても見つかったバグはこうやって私たちが修正しなくても勝手に修正されるかもしくは客に修正してもらいたかったりします。しょっちゅう来い来いといわれても体は一つしかありませんしね。

 関係ないんですけどロシアは世界で2番目によく本を読む国らしいです。トルストイの戦争と平和を中学生で読まされるんだとか。調べてみると一位は中国でした。よく本を読むからと言って収入が高いわけではないです。うーむ。でも単純によく本を読むお国柄ってすごいなあって思います。

 今は民間ラジオをラズベリーパイで受信する方法を検討中です。

[ 2018/09/01 23:27 ] 仕事 | TB(0) | CM(0)

企む

企み


 お盆休みはなかなかにハードでした。

 何日かあるうち、二日は嫁さんの実家と私の実家にそれぞれ訪問しました。どちらの家も問題を抱えていて、なかなかに家族関係は難しいなという感想を新たにしました。

 結局我々はみんなそれぞれに問題を抱えているわけですが、作戦と計略が必要ということを学びました。企む必要があるわけです。二人とも基本的にお人よしなので流されてしまうなあという話になって、まあ、お互い不完全なので共同で企んでいこうということになりました。

 人生は目標がなければひたすらに流されます。この年になってようやく気が付き始めたことは、人生は目標を持たなければそうでない人に流されてしまう、ということです。一生懸命まじめに頑張るだけではそれだけの結果しか得られません。正しい努力をしなければならないわけです。

 まあ、私が学ぶべきことは結局いまのところ嫁さんと共同で企んでいくということのようで、共同で進むべき道を考えていくのはなかなかに難しいものがあります。

 ほかの夫婦もみんなそれぞれ目標があるんでしょうね。

我々も目標をもって企てていこうと思います。
[ 2018/08/15 23:41 ] 生き方 | TB(0) | CM(0)

読書のすすめ

読書2


 最近、お昼の休憩中にいつも話をしている連中がみんな出張に行ってしまったので、仕方なく休憩所においてある会社の本を読んでいます。本にはなかなか面白い特性があって、基本的に暇つぶしに読んでいることが多いのですが、休憩時に本を読む人が最近少ないせいか、なんか教養のある人に見られたりします。読んでいる本は「アイデアを出す方法」とか「ラブホテルについて」だったり、つまらない本が多いのですが、最近、とある隣の課の課長に「いつも本を読んでいるな、関心やな」なんて言われました。

 本には教養を増やさなくても、そういう服のような効果を発揮する面が多いようです。

 で、今日読んでいたのは「超高速時間術」という本です。なんだか「超」が付く時点で軽薄な感じがします。仕事の優先順位を決めるために、仕事の重要度に重みをかけて、その値の大きいものからこなしていくべき、なんて書いてありました。しかも彼はその仕事の重み計算をエクセルで行っているといいます。超忙しいわりに結構つまらないことをしていたりします。

 そういう突っ込みをしながら会社の本を読んでいます。

 そんな私を見て、ある人は、「子供には速読術を学ばせたいなあ。そうすれば短い時間でたくさんの本が読めるからね」なんて言っていました。実は私はそんなにたくさん本を買っているわけではありません。家にある気に入った本を何度も読んだりしているだけだったりします。それに速読なんてとっくの昔にあきらめてしまいました。つまらないからです。

 私にとって本は知識を得るためのものではないです。ウォーキングと同じで何か面白いことを思いつくきっかけ作りです。内容なんてどうでもよかったりします。

 まあ、いろんな意味で本を読むのはいいと思います。
[ 2018/08/09 23:15 ] | TB(0) | CM(0)
広告
ノーマルカレンダー
<< 07
2020
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

richprince

Author:richprince
生きることはある意味サバイバルです。

FC2カウンター